鉄道模型のメンテナンスに役立つクリーナーとは

並んだNゲージ

自宅で鉄道模型を走らせる上で、頭を悩ませるポイントの一つに使用に伴う汚れがあります。特に気を付けなくてはいけないのが、スパーク汚れと呼ばれる車輪の汚れです。

鉄道模型はコントローラーで出した指示がレールを通して車輪に伝わることでモーターが作動して走る仕組みになっています。スパーク汚れをそのまま放置しておくと、レールから車輪への伝達が不十分になって走行トラブルが起きてしまうため、定期的に掃除をしなくてはいけません。この汚れの清掃で最適と言われているのがレールクリーナーと呼ばれる洗浄剤です。
文字通り鉄道模型の汚れを取り除く液剤で、模型店や家電量販店で購入することができます。

クリーナーは綿棒に染み込ませて使うのが基本ですが、車輪の数が多い模型の場合には一つひとつやっていては時間や手間がかかってしまうのは否めません。その場合、薄手の布に液剤を染み込ませてその上を走らせれば、全ての車輪を一度に洗浄できるので時間と手間を省くことができます。汚れが取れているかを確認しやすいように、白い布を使うのがポイントです。布の上を何度か走らせて布に黒い汚れが付かなくなったら完了となります。ただし、この方法はモーターで走行している車両には利用できません。

前述したように、鉄道模型はレールと車輪の接触によって走らせることができるので、車両と併せてレール部分のメンテナンスも必要です。模型のサイズが大きく、クリーニングする距離が長過ぎて時間が掛かってしまう時はクリーニングカーが役に立ちます。
レールの掃除をするために作られたこの模型は、付属しているブラシやローラーに液剤を塗布して走らせるだけで掃除をすることが可能です。手作業では難しいトンネルの内部や鉄橋も簡単に掃除ができます。