おすすめの鉄道模型の展示ケースとその価格帯

鉄道模型

自慢の鉄道模型は美しく飾って、多くの人に見てもらいたいものです。ただ現状では、裸の状態で展示している方も多いのではないでしょうか。その場合、埃が積もりやすいですし、見栄えもいまいちです。
手が当たるなどして床に落下、壊れてしまう可能性もあります。思い入れのある模型が壊れてしまう精神的ダメージは計り知れません。そこで展示ケースの出番となります。

展示ケースには様々な種類がありますが、素材の強さを考慮すればアクリル樹脂製のものが良いでしょう。
透明度が高いので、中が見えやすいという点でもおすすめです。保管と展示、両方が成り立つ優れものの素材です。ひな壇式に飾れるもの、壁掛け式のもの、フロントオープンで開け閉めに場所を取らないもの、車輪用に溝が彫ってありレールが不要のものなど、種類は様々です。

たとえば、壁掛け式は狭い部屋でも場所を取らないという大きなメリットがあります。床にはスペースはないけれども、壁なら空いているという人は多いはずです。目線の高さに飾ることができるのも嬉しいですね。上から見下ろすタイプとは違って真横から見ることができるので、よりリアルさが増します。しかも収納力も比較的高く、在来線車両なら6両編成、新幹線の場合は5両編成まで飾れるものもあります。1段に2台置けるタイプもおすすめです。もちろん床に適度なスペースがある人は、思い切って専用の展示ラックを設置するのも良いでしょう。幅50cm、奥行き30cmほどのスペースがあれば、設置はできます。

鉄道模型の展示ケースの価格帯は種類やサイズにもよりますが、数千円から20,000円程度のものが主流です。中には完全受注製作してくれるお店や、セミオーダーに応じてくれるお店もあるので、ネットでぜひ探してみてくださいね。