鉄道模型のジオラマにトンネルを設けるメリットと上手な作り方

鉄道模型のジオラマは単に車両を走らせるだけではなく、景色の中に臨場感を見い出す楽しみ方があります。そのため、線路を通す際は景色が単調にならないための工夫が必要です。
トンネルもそのひとつであり、車両が完全に隠れるトンネルはジオラマにアクセントをもたらす効果的なストラクチャーと言っても過言ではありません。山間の路線を再現するならトンネルは不可欠なので、車両の動きを妨げない作り方を把握する必要があります。ジオラマに関するトラブルで多いのがトンネル内での脱線ですが、これはトンネルのサイズを正しく測定しなかったのが原因です。特にカーブ部分にトンネルを置くと脱線のリスクが増大するので、事前のサイズ測定は慎重に行うことを心がけます。

トンネル

模型車両はカーブを走行する際、車両の両端が線路から大きくはみ出る形になります。トンネルを置く際はこのはみ出た部分が引っかからないように、内部の空きスペースを広く取ることを忘れてはいけません。また、トンネル内での脱線に対応できるようにトンネルはジオラマから取り外せる構造にする必要があります。トンネル全体の着脱ができる作りなら脱線した車両をその場で復旧させることも容易です。
草地を再現した模型用のシートやライケンの固まりを被せるように置くことで結合部分を隠すことができます。
トンネル内は見えないので本物同様に再現する必要はありませんが、出入り口付近にコンクリートの質感を持たせた紙をアーチ状に貼り付けることで目隠しの効果が得られます。

トンネルの作り方は人それぞれですが、模型車両が走る際の空きスペースを広く取る必要がある点は共通しています。
模型車両を脱線させずに気持ち良く走らせるには見えない部分こそ十分に注意して作る必要があると言えるでしょう。